福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

<< 店長の休日 | −ブログトップ− | 長靴をはきなさい! >>
「もったいない」から素敵がうまれる
ピクルスをつくる

社長、ピクルス詰めの作業中をパチリ。
野菜なんて、どこにもあるでしょ〜と言われてしまいそうですが、ふつうのもの、ありふれたものを、おしゃれに、素敵にしてステージにたたせる。プロデューサー気分で、商品をつくっています。

びんの中にあるツリーは、川内村の木「もみの木」をあらわしています。

川内村の花 ドウダンツツジ
高塚山で毎年開催されるドウダンまつりなどで、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。小さな鈴のような花がたくさん咲きますね。

川内村の鳥 ウグイス
鳥の名前にうとい方でも、鳴き声はほとんどの方がわかると思います。寒さの厳しいあぶくま地域では、春をつげる鳴き声がなんともうれしく響きます。JA前の標識の上に、ちょこんとウグイスの像がついていますから、ぜひ、ごらんください。

そして、もみの木。
つんつんと尖った先端、針葉樹独特の森の姿に、童話の「ムーミン谷」をイメージする方もいらっしゃいます。温和な妖精たちが暮らすムーミン谷のように、のどかな川内村。昔話、おとぎ話の似合う小さな村です。

ピクルスの中には、川内の野菜だけでなく、物語もいっしょに詰め込んでいます。
そのままでは捨てられてしまう、小さな野菜のひとつひとつも無駄にしません。今回、社長はちょっとしたサプライズ(びっくり)をびんの中に仕掛けています。お買い求めになられたら、ぜひ、びんを開けてご覧ください。川内村がのぞける、秘密の○○が見つかりますよ。

川内高原野菜のピクルス
カテゴリ:いままでのダノニー | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafe.danony.jp/trackback/1297411
トラックバック