福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

<< 長靴をはきなさい! | −ブログトップ− | 宅配さんは大変だ >>
空っぽの薪小屋
DVC00098.jpg
気温上昇とともに、ぐんぐんと目に見えて雪が消えていきます。写真で見ると、まだいっぱいあるように見えるかもしれませんが、道路はすでにカラカラに乾燥してます。雪の影もありません。重機でかきわけられた雪が、道路の脇にたまってしまうので、溶け残っているように見えるのです。

薪ストーブは休止中。こんなに気温が高いのに薪を燃やしたら、建物内がオーブンになっちゃいます。パンのかわりに、お客様が焼きあがってしまうことでしょう。

4つ建てておいた薪小屋。小屋というより、ロッカーというべきかな?
いっぱいに薪を入れておいたのに、2月23日現在、ほとんど空っぽになりました。よく燃やしたものです。毎日、毎日、たっぷり燃やしてきました。3月の終わりまで、まだまだ薪にはお世話になることでしょう。

この薪小屋は、横にたくさんのスリットがあります。実は、このスリット、横に棚板を渡すときの受けになります。薪が不要になる季節になったら、棚板にグリーンを並べて、社長の園芸コーナーに変身。展示・販売・ギャラリーとして利用するスペースです。

今年のダノニーは、もっとすてきなカフェに変身していきますよ。
カテゴリ:いままでのダノニー | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafe.danony.jp/trackback/1297413
トラックバック