福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

<< らっきょう、完売目前 | −ブログトップ− | ことりこ陶房 ホソブチリク作品 9月の展示 >>
カレーを食べるとき、読んではいけない絵本
うんちのえほん

ある日のできごとです。
かわいい男の子の兄弟がご来店。よくできたお兄ちゃんは、まだ字が読めない弟に絵本を読み聞かせていました。大きな声で音読するうちに、店内の空気が凍りつきました。

そうです。
「○んちのえほん」を大きな声で音読していたのです。
それも、カレーを食べているお客様の横で。

店内はしらじらとした空気に・・・・・
よくできたお兄ちゃんは、絵本を取り替えて読み始めました。
よかった、よかったと思ったのですが、今度の絵本は
「はなをほじほじ いいきもち」

店内の空気は最悪。
お兄ちゃんは、弟のために一生懸命、音読しています。悪いのは彼ではなく、そんな本を置いていたお店です。なんとか、なんとかならないものか、冷や汗が流れます。

幸い、お兄ちゃんは途中で音読をやめて、夢中になって字を追いかけているようす。

はい、この絵本は社長のコレクションです。
この手のものが好きな社長が集めてあった絵本が「こどもの本コーナー」にあったのに、まさかの危険に気づいていなかったのでした。
いままで絵本を音読するような子どもがいませんでした。大人が音読するときは、ぜったいにこういうタイプの絵本は選びませんからね。

スタッフにお願いして、さっそく本棚から除去しました。「○んち」関連の絵本は全部で8冊もありました。
カレーを食べるとき、ぜったいに読んではいけない危険な絵本はなくなりました。
どうぞ、ご安心ください。
カテゴリ:子どもたちの情景 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafe.danony.jp/trackback/1297597
トラックバック