福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

<< 紅葉が進んできました | −ブログトップ− | 空耳アワー かぼちゃパフェ >>
やっぱり漢字は難しい
生八つ橋

あるところより、「生八つ橋」をいただきました。
東京にいたころはお土産によくいただいたものですが、福島県に来ると、なかなかお目にかかれませんね。久しぶりの京都のお味。

家族そろって、おやつタイムを楽しみました。

生八つ橋のパッケージは、注意書きも京都言葉。はんなりとした言葉のひびきが面白いなぁと思っていると

「ね、お母さん。ここの注意って、読み方を間違うととんでもないことになるよ」

「生物ですから、お早めに・・・・」

ナマモノと読むか、それともイキモノと読むか

ナマモノの生八つ橋は「おいしい」食べ物ですが、「イキモノ」の生八つ橋は食べたくありませんね。
カテゴリ:子どもたちの情景 | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafe.danony.jp/trackback/1297644
トラックバック