福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

<< 藤沢にオープン 岩手・宮城・福島 観光物産プラザ | −ブログトップ− | 長男が観た チェルノブイリ・ハート >>
メモリアルウィーク in 小田原 岩上安身さんとのトーク 報告
岩上安身さん
メモリアルウィーク in 小田原
参加致しました。

21日(日曜)のトークに出演させていただき、1時間ほど岩上安身さんとトーク。
そんなに人がいない会場なんですが、2台のカメラに撮影されていると思うと、緊張。なにを話したのかもわからないくらい、あがってしまいました。わかりにくい話ですみません。

まとめツィートを作成してくださった方、素晴らしいですね。あんなにメチャメチャな話が、理路整然とまとまってます。会場でリアルタイムで要点をツィートする方を見かけましたが、こんなにすごいなんて。
私自身は、ツィッターを上手に使いこなせていないので、脱帽です。

話のポイントとしては、

原発は豊かな地域にはつくられない。
田舎と都会の格差、経済だけでなく、意識もすれ違いがある。
フクシマの大人を救ってほしい。

藤沢市にできた、岩手・宮城・福島 観光物産プラザで、川内村商工会会長にお会いしたことから、福島県の子どもだけでなく、大人も助けて欲しいという現状を伝えたく、「フクシマの大人を救え」というメッセージを出しました。補償金はいつまでもあるわけじゃないし、復興していくための原動力になる大人が、体力・気力を失わないよう、仕事とお金を得られるように助けていただきたいと訴えました。

なにもかもなくなってしまって、どうしたらいいのかわからない状態です。
いつ帰れるのかもわからない。
イライラと無気力が蔓延して、大人がダメになってしまいます。

岩上安身さんは、カンペなしで、わぁ〜っと迫力あるトークでせまってきます。トークについていくのがやっとですから、1時間終わったときは、ぐったり。これを連日こなしている岩上さんはすごい。



孫崎亨さんとのトークは、DEEP NIGHT などで見ていましたが、生で聴く方がより面白い。面白がっちゃいけないのかもしれませんが、興味つきない情報をガンガンと元気よく話していました。


インスタレーションの設営を、ちょこっとだけお手伝い。ipadをゴムでつるす作業だけですけど、実は、私、ipadはこれがはじめて! やっぱりいいなぁ。欲しいなぁ。
息子たちは「まな板」って呼んでますけどね。

こういうイベントに出るには、結構、覚悟がいりました。
あ〜、これで「左翼」とかってレッテル貼られちゃうのかなぁとか、反原発主義者ってことになっちゃうんだろうなぁとか。

私自身、考え方がなにかの思想に偏ってしまうことが、大嫌いです。
なるべく多くの方と意見を交わしたり、情報交換したりするために、最大限に自由な立場にいたいと思っています。いろいろな立場の方と出会いたいからです。

岩上さんのトークに出たのは、こうしたイベントでは、福島県外の人の話ばかりになって、福島の人の話が伝わらないことが多いので、代弁できたらと思って、出ています。県内では、顔を出して、いいたいことを言える人ばかりじゃありません。いろいろと差し障りのある方、いいたいことを言えない人の意見を、伝えたいと思います。

会場では、いろいろな方と出会うことができました。
ダノニーの古い常連さんから、「あ、ダノニーさん!」って声をかけられました。
浪江町から避難されている方です。ひさしぶりに福島県浜通りのイントネーションを聴いて、うれしかったなぁ。
獏原人村に出演していたミュージシャンも、イベントに参加してました。
「こんなところで、獏のはなしをするとはねぇ〜」
みんな、みんな、懐かしい福島につながるご縁です。


いままでいろいろなイベントに参加し、スタッフしたこともありますが、岩上さんのイベントって、ホント、ゆるゆる〜。
こんなにゆるくていいのかしらと思うくらい、にょろんと始まって終わります。失敗ということがない、すべてをOKにしてしまうのが、参加してて心地よいんですよ。「反原発」っていうと、どうしても、全共闘世代の方たちの、絶叫調になじめなかった私です。こういう、ゆる〜いのなら、こわくなさそうって思いました。

若いお兄さん、お姉さんたちと一緒にいて、元気になりました。
カテゴリ:店長の部屋 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafe.danony.jp/trackback/1297764
トラックバック