福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

<< 川内村から出品 歌舞伎町農山村ふれあい市場 | −ブログトップ− | これからの川内村、これからの福島県 >>
11日金曜日 8ヶ月経ちました


あれから8ヶ月が経ちました。
11月11日 あのときと同じ、11日の金曜日です。

ひっきりなしに大きな余震がやってきて、地鳴りと揺れでろくに寝ることもできなかった夜。つけっぱなしのテレビから、津波の被害、原発の様子、住宅地の液状化、自宅に帰れない人たちの様子、ありとあらゆる混乱の様子が次々と映像で流れていました。



目の前で、カフェの店舗が土砂に押しつぶされていきました。
ラジオからは原発の事故についての第一報が流れ、展開のよめないドラマがはじまろうとしていました。



8ヶ月。
これからどうなるのか、まだなにもわからないままです。
写真は震災から3日経過したカフェ・ダノニーの店内。
カテゴリ:店長の部屋 | 23:28 | comments(6) | trackbacks(0)
コメント
初めてメールいたします。カフエ・ダノニーは私にとっては心のオアシスのようなところでした。月並みな言い方ですが。私の住んでいるところからは遠いのでたまにしか行けませんでしたが、行けば美味しい食事をいただいて少し元気になり、また明日からの仕事にいこうかという気持ちになれました。震災以降の川内村とカフェの様子を思うとやりきれません。私自身も福島県の中通りに子供と暮らしているので子供が学校から持ってきた線量計を見ると不安が募ります。でも今年初めにダノニーさんから買ってきたジャムなどを大切に食べながら心を慰めています。
| 草野 ひろみ | 2011/11/12 8:28 AM |
草野様、コメントありがとうございます。そして、いままでのご利用、本当にありがとうございました。

ほんとうなら秋の収穫の後で、たくさんのジャムをつくっているはず・・・かりんジャムもピクルスもつくれない、いつもとは違う秋を過ごしています。

避難先で、「ダノニーさん!」と声をかけていただくことがあります。たくさんのお客様に支えられていたことを実感しています。
健康については、ほんとうにいろいろな情報があり、個人差もあることですので、なんとも申し上げられませんが、いまこそ、女性も子どもも安心してくつろげる場所が欲しいですね。
あの日、福島県に暮らしていたことも何かの定めなのでしょう。どうぞ、ご家族の皆様、お元気でお過ごしください。いつかまたお会いできる日が来ますように。
| カフェ店長 | 2011/11/12 10:16 AM |
ご無沙汰しております。モリシゲ物産です。
大地震の時、私どもは福島に向かっている途中でした。
その後数回福島に伺い、ダノニー様に寄ってお茶をと思っておりましたが、時間がなく遠くから眺めては帰っておりました。

高原野菜のピクルスが話題になり、そうだ!・・・と思いHPにアクセスしました。
まさか内部が・・・・写真を拝見し、あらためて涙しております。 本当に悔しいですね。  
弊社の農園は、埼玉県の斡旋で秩父市に疎開しました。
しかし、季節が変わる度に川内村や都路が恋しくてたまりません。お住まいのある店長様はじめスタッフの皆様におかれましては・・・お察しいたします。
とにかくお元気で頑張ってください。
また、ぜひ川内村でお会いしましょう!!

| モリシゲ物産 ふみこ | 2011/12/08 11:38 AM |
モリシゲ物産のふみこ様。いろいろとお世話になりました。ご連絡ありがとうございます。

社長も店長も、それぞれの場所でがんばってます。
また、お会いできる日を楽しみにしてます。いろいろな夢、希望、将来を考えていたあの頃が懐かしいですが、いまはまた新しい夢に向かって、「まけねど、川内」と声をあげたいですね。
| カフェ店長 | 2011/12/11 11:54 PM |
初めてメールいたします。私は以前何度かダノニーを利用させていただいたことがある埼玉県の者です。食事やパフェとてもおいしかったです。ピクルスやジャムなども・・・地震の後心配になりホームページにアクセスし、皆様ご無事なことしかし店に被害があったことを確認し、無事を喜ぶとともに、あれほど夢を持って頑張っていらした店に被害があったことを知り、心が痛くなりました。そして原発の問題も・・・とても美味しかったので、いつかジャムやピクルスの作り方を教えていただきたいなと図々しいことを考えたりしていました。難しい問題もあると思いますが、店舗の再開ができることを心から祈っております。そしたら、またお邪魔したいです。            れいこ
| RK | 2012/01/14 4:49 PM |
れいこさん
コメントありがとうございます。

厳しい条件の中でがんばってきた地域ですから、さらに過酷な条件になってしまった今、どうしたらいいのか、とまどいばかりです。

まずは今を大切に生きるところから。ときどき、もうだめかなぁと力不足を感じることがありますが、こうして応援していただけるとうれしいです。ありがとうございます。
| カフェ店長 | 2012/01/19 7:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafe.danony.jp/trackback/1297779
トラックバック