福島県 阿武隈高原 川内村のカフェ・ダノニーのブログ。東日本大震災で被災、原発事故により避難中。

12月11日がもうすぐ終わります
12月11日。
あれから9ヶ月が経過しました。

震災のこと、原発事故のこと。いつもの生活の中では考えないようにしています。考えてもどうにもなりません。自分の力でどうにもできないことを、くよくよと考えてみても、暗い気持ちになるだけですから。

カフェ店長は、就職しました。
丸の内でOLをやっていたころから、20ウン年ぶりにOLになり、事務職で働きはじめています。

15年前に川内村に移住したとき、お金がぜんぜんなかったけれど、夢だけはいっぱい持っていました。
まだ私たち夫婦も若かったし、長男は4歳、お腹の中の次男は引っ越しから半月後に生まれて、毎日が新鮮でした。

3.11。都会に戻った私たちは無一文の状態で、夢すらなくしてしまいました。人間関係や家、薪などが田舎の資産です。それがあれば食べていけます。
暮らしの資産を福島に置いたまま、都会に戻っても、どうしようもありませんでした。

お金のために、時間を切り売りする、そんな暮らしになりました。

川内村の自宅が、いま、静かに朽ち果てていく音が聞こえるように思います。あの日のまま、人が暮らさない家は静かに死んでいくのです。

福島から避難している人としか、本音で話ができません。
「補償もらってるんでしょ」とか、「援助があるはず」と、人は言います。自分の守ってきたもの、暮らしのすべてが崩壊していく音が聞こえるもの同士でないと、わかりあえないように思います。

「がんばって」と言われるのが辛いです。
「大丈夫、元気ですよ」と答えるのがイヤだから。

村に残ってがんばっている人も、避難している人も、それぞれが、それぞれの立場で苦しんでいます。
放射能は見えないし、どんなものなのかわからないのですから。
それよりも、きょうの暮らしをどうするかで、みんなせいいっぱい。



いろいろな人と話をしていて、気づいたことがあります。
体が弱い人、持病のある人は、放射能について真剣です。体の不具合を抱えながら、病弱な体をいたわりながら生きる辛さを知っているからこそ、病気未満のなんとも訴えようのない体の不具合に翻弄される人生を想像できるからです。

体が丈夫で、病気をしたことがない人とは、病気や不具合とともに生きる人生を共感できないでしょう。
なにもなかったことにしたい。
わたしだってそう思いたいです。

5年後、10年後、どのようなことが起こるのか、誰にもわかりません。


でも、福島は、きょうをどうやって生きていったらいいのか、それすら考える余裕がない人がいっぱい。
明日のことを思うゆとりがないんです。



9ヶ月経ちました。
どうして、みんな、放りっぱなしなんでしょうか。
国が総力をあげて立ち向かうべき大きな問題なのに、川内村のような小さな自治体の、それぞれのがんばりにまかせっぱなしなんですか。村長も、役場の人も、疲れた顔をしています。被災した村の人の怒りは、身近な地域の人に向けられがちですが、本当の敵はもっと遠くで、安全なところにいるエライ人達です。どこの自治体も、公共機関も、被災した人の対応に追われる人たちは過労で倒れそうになってます。被災者を助けるのも、被災者です。

避難している人たちも、避難先の自治体がひねりだした予算で助けてもらっています。自治体によって、対応もなにも違います。なにもかにも、現場まかせだということです。
そしてこれが福島だけでなく、他の地域でも同じように見捨てられたまま。


震災も、原発事故も、津波も、自分のことではなくてよかったと思っている方、安心してはいけません。
いつもは「政府なんてさぁ〜」といって不満を言っているアナタ、それでも「お上がなんとかしてくれる」ってどこかで思っていませんか。
なんにもしてくれませんよ。誰もアナタを助けてくれない。それがこの国の実態だということを、忘れないで欲しいです。
カテゴリ:店長の部屋 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0)
これからの川内村、これからの福島県


川内村はこれからどうなっていくのか、復興計画を見ても、なかなか実感がわいてきません。

タオルを一度、雑巾にしてしまったら、もう二度と顔をふくことはありません。
どんなにきれいに洗って消毒したとしても、「汚された事実」を消すことはできませんから。

同じように、川内村、そして福島県も、二度と「安全・安心」を売り物にすることはできないでしょう。

写真は、カフェ・ダノニーの事務室。はじめて公開しました。震災の時、棚に置いてあった経理処理のファイルなどが全部落ちて、床に散乱していました。
「たのしい人生、たのしい家庭」
壁に貼ってある、社長の書き初めの言葉が哀しく見えます。



静かで穏やかな暮らしを取り戻したい。
ただそれだけのことが、限りなく贅沢な望みとなってしまいました。
カテゴリ:いままでのダノニー | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
11日金曜日 8ヶ月経ちました


あれから8ヶ月が経ちました。
11月11日 あのときと同じ、11日の金曜日です。

ひっきりなしに大きな余震がやってきて、地鳴りと揺れでろくに寝ることもできなかった夜。つけっぱなしのテレビから、津波の被害、原発の様子、住宅地の液状化、自宅に帰れない人たちの様子、ありとあらゆる混乱の様子が次々と映像で流れていました。



目の前で、カフェの店舗が土砂に押しつぶされていきました。
ラジオからは原発の事故についての第一報が流れ、展開のよめないドラマがはじまろうとしていました。



8ヶ月。
これからどうなるのか、まだなにもわからないままです。
写真は震災から3日経過したカフェ・ダノニーの店内。
カテゴリ:店長の部屋 | 23:28 | comments(6) | trackbacks(0)
川内村から出品 歌舞伎町農山村ふれあい市場
第4回歌舞伎町農山村ふれあい市場
まげねど・がんばっぺ東北!
日時:2011年11月6日(日)午前10時〜午後4時
場所:新宿区立大久保公園

詳しくは、下記のホームページを参照ください。
現地までの地図もあります。
主催ホームページ:歌舞伎町農山村ふれあい市場

残念ながら、ダノニーは出品できるものがないので参加できませんが、川内村からの参加者にお会いしたいので、現地に行く予定です。
川内訛りが懐かしい。
震災以来お会いしていない人と出会えるといいなぁ。
カテゴリ:川内村ニュース | 12:31 | comments(2) | trackbacks(0)
カフェ店長の名残り






カフェ店長の習慣がいつまでも残っています。
ケーキを食べると、プレートの盛りつけ方が気になり、参考写真を撮影してしまうし、メニューやロゴといったものも「お店の参考に」とメモ。

もう、カフェ・ダノニーは・・・・・かもしれないのに。

それでも、おいしいものや素敵なものを見たら、メモしてしまう。店長の習慣です。


震災後、エスニック料理を食べるのが苦手になりました。首都圏ではインド料理の店がものすごく増え、どこの街角にも本格的なインド料理店があります。インド人のお兄さんが「どうぞ〜」と手渡してくれるチラシを見ると、ダメなんです。ものすごく気分が悪くなって、体の具合が変調してきます。
これっていわゆるPTSDの一種でしょうか。

ハ○スのカレーならつくれるのですが、本格的なカレーはつくる気になれませんし、食べたくない。

だから、外食のときは「沖縄料理」を選ぶことが増えました。島焼酎も好きです。
カテゴリ:店長の部屋 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0)
10月16日のときのカフェ・ダノニー
カフェ・ダノニー

ちょっと前になりますが、10月16日に川内村に戻ったときの「カフェ・ダノニー」の様子です。
お店の裏、崩れた小学校校庭の上から撮影しています。本当はもっとせり出していた崖が崩れ落ち、フェンスや回転遊具などが泥といっしょに落ち込みました。土砂を取り除く工事の過程で、フェンスのそばにあった桜の木を伐り、校庭に積んでありました。

川内村役場が崩落した土砂を取り除いてくれたので、お店の状態がよくわかります。建物の左側が旧客席側になります。ダノニーの目印、今年もきれいに紅葉したイチョウの木が見えています。建物にまったく被害がないようにも見えますが、こちら側の壁は崩れてしまったので除去されています。

でも、こうしてみると、営業中の店舗のようですね。日本列島を吹き荒れた台風により、ここも豪雨のため少々危険な状態だったとか。崖はまだ崩落したときのままなので、土留めなどの処理をして、再度崩落しないように修復される予定です。

続きを読む >>
カテゴリ:震災後のダノニー | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0)
あちこち片付けて 地震の備え
ニトリ 食器棚

鎌倉市に避難して7ヶ月。
川内村から来たということで、町内会などでお話しをさせていただくことがあります。

災害にはいろいろな種類があり、毎回、同じようなことが起こるとは限りません。震災にしても、私たちが田舎暮らしを決意したときの阪神淡路震災と東日本震災では地域も被害状況も異なっています。

ですから、お話しをするときには、相手の方の状況にふさわしいような内容にしようと考えています。
災害はいつ、どこで発生するかわかりません。だから、日頃の備えなんて、個人の家でできることは限られています。

1.人をあてにしない(役所の職員、消防署員も被災者になる)
2.身に付けたものだけでなんとかする(知識や技術を使う)
3.毎日の暮らしを改善する

福島での震災経験を基に、避難先の夫の実家を整理しています。
震災で家の中がぐちゃぐちゃになることを考えたら、「いつか使うかもしれない」といったゴミ未満のものは早く処分しておいた方がいいに決まってます。積み上げた箱などは凶器になりかねません。

粗大ごみを捨て、不要品は捨てるかバザーに出し、家の中をすっきりさせておく。

特に、キッチンと玄関周辺は、倒れたものと落ちてきたもので足の踏み場もないといった状況になると、復旧に時間がかかるし、いざというとき避難できません。家を離れるとか避難所に行くという状況よりも、不自由で不完全なまま何日も自宅で生活しなければならないということの方が可能性が高いと思います。キッチンがすっきりしていれば、すぐにでも料理できる。実際、川内村の自宅はキッチンの被害がほとんどなかった(床に落ちたものが少なかった)ので、震災後にすぐご飯をつくって食べてましたから。

夫の実家の食器戸棚を買い替え、中身の整理・入替をしたら、ずいぶんとすっきりしました。
長年の思い出の品を整理したのは、高齢の両親には辛かったかもしれません。でも、こちらの三浦半島でもいつ地震がくるかわかりませんから、整理させてもらいました。

町内会などでのお話しのとき、必ず言うのが、
「高齢の方は、下着にフルネームを」
人生最後の整理整頓は、自分の身体です。自分で整理できないものですから、どなたかの手をわずらわせなくてはなりません。死んでもいいや、と思っていても、それでは誰かの迷惑になってしまいます。身元確認のための最後の手段として、身につけるものにフルネームを書いておく。そんなマナーがあってもいいでしょう。
カテゴリ:いままでのダノニー | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/100PAGES | >>